スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本最大級のドロップシッピングサービス『もしもドロップシッピング』、 

私も頑張っている、もしもドロップシッピングについて


写真拡大 日本最大級のドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしも(本社:東京都渋谷区、代表取締役:実藤裕史、以下もしも社)はこの度、『もしもドロップシッピング』の販売システム及び決済システム「m-Payment(エムペイメント)」について、スマートフォン対応を開始いたします。
■『もしもドロップシッピング』とは
誰でも簡単に無料でインターネットネットショップを持つことができるサービスです。ショップオーナーは、在庫を持つ必要がなく、自身のブログやホームページ、メールマガジンに商品情報を掲載して注文を取ります。その後、商品はメーカーや卸から購入者へ直送されます。そのため、在庫リスクがなく、さらにはショップを持つ際に面倒な決済や配送、カスタマサポートなどのバックグラウンドにおいても、もしも社がすべて行います。

1、スマートフォン対応概要
<購入者側>
■ストレスなく、商品ページを閲覧可能
フィーチャーフォンでは非対応だった機能もスマートフォンでは対応。PCと同等の各種機能を、インターフェースを最適化して実装したことにより、
商品ページをストレスなく閲覧できます。

■決済画面もスムーズに入力できる
フォーム入力画面においても、ストレスなく閲覧できるよう工夫いたしました。また、リピート顧客の基本情報やクレジットカード情報などを再入力する手間を省いたため、
スムーズにお買い物を楽しめます。

<ショップオーナー側>
■カートを自分でカスタマイズ可能
ショップオーナーは、自分のネットショップのカートカラーを自分で変更することができます。カラーは、赤・ピンク・オレンジ・緑・青・紫・グレー・茶の全8色。

2、スマートフォン対応開始の背景と目的
『もしもドロップシッピング』を利用しているネットショップへの、スマートフォン経由のアクセスは2011年上半期、微増ではありますが伸張が見受けられました。
スマートフォン経由のアクセスは今後も増加が予想でき、また、スマートフォンユーザーへのユーザビリティを向上させることで、新規顧客獲得および各ショップの
売上増加につなげることができると考え、今回の販売システム及び決済システムのスマートフォン対応開始にいたりました。

3、今後の展開
もしも社では、スマートフォンユーザーへのユーザビリティをさらに向上させ、2011年9月度におけるスマートフォン経由のCVRを2011年5月度比で25%増を目指します。


<株式会社もしもの会社概要>
もしも社は、2006年8月17日に『もしもドロップシッピング』サービスを開始。開始以来、ショップオーナー(会員)数は増え続けており、
現在では約36万人(6月19日現在)にまで上っております。もしも社では、サービスを提供するだけではなく、ショップオーナーの育成に努め、
ドロップシッピング市場の更なる拡大に努めてまいります。

(1)社名:株式会社もしも
(2)代表者名:代表取締役社長 実藤 裕史
(3)本社所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目19番2号
(4)設立:2006年6月
(5)資本金:5 億2,550 万円(資本準備金含む)

◆「もしもドロップシッピング」 http://www.moshimo.com/
◆「もしもアフィリエイト」    http://af.moshimo.com/


【本件に関するお問合せ】 株式会社もしも 広報:吉田
TEL:03-5457-1910  FAX:03-5457-1921  E-mail:pr@moshimo.com




詳細はこちら


http://news.livedoor.com/article/detail/5657227/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








maikurokurohuneさん

ドロップシッピングをするのに、ホームページ・商品以外に何を準備すればいいのでしょうか?





ベストアンサーに選ばれた回答


sixnuts6さん


サプライヤをどこにするかは商品に含まれると考えていいのですよね。
ホームページにショッピングカートとかもあるわけですよね。
そうするとあとは、決済方法ですね。お客さんからどうやってお金を受け取るかです。
それとサプライヤにどうやってお金を払うか。銀行振り込みが違う銀行だと手数料が発生したりもしますしね。

seesaaドロップシッピングなんかは、クレジット決済を行うことができるようになっているようです。

電脳卸 http://denno.jobsnavi.biz は、商品はいろいろなサプライヤがありますが、決済方法は販売店で用意する必要がありますね。決済方法としては、銀行振り込みになるんでしょうけれど、銀行振り込みであれば、ドロップシッピング用の口座が必要でしょう。サプライヤへのお金の払い方としては、サプライヤとの決済用のポイントをあらかじめ購入しておけば、商品代はそのポイントから引かれるという決済方法が提供されています。

電脳卸 http://denno.jobsnavi.biz は、アフィリエイトもやっています。
ソーシャルマーケットプレイスSTMXというショッピングモールとなっているわけですが、ここのアフィリエイトは料率が他に比べるとバカ高いです、10%超えるものがざらにあって、20%から30%ぐらいのものも結構あります。ドロップシッピングもやっているけれど、アフィリエイトもやっていて、アフィリエイト報酬が他にくらべ格段に高いのが特徴です。

アフィリエイトは報酬が少ないからもっと報酬が高いことをしたいな、ドロップシッピングはお客さんとのやりとりを自分でしなくちゃならなくって、ちょっと面倒が起こらないか心配だなと思う人には一考の価値ありのアフィリエイト料率が 電脳卸 http://denno.jobsnavi.biz には設定されていると思います。

でも、どちらにせよホームページへの集客力がないとだめですよ。日に何百人も来てくれるようなホームページを作らないとアフィリエイトはもちろん、ドロップシッピングも商売になりませんからね。
お小遣いじゃなくて、お店としてやりたいわけでしょうから。

私はお客さんとのやり取りが発生し、自分が特定商取引のお店になるというところまではやりたくないので、アフィリエイトで利用しています。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411467359
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【PR】もしもドロップシッピングって?
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。